アーカイブ 2011年6月

2011年 6月 28日

女性教授が会社をつくりました

カテゴリー 未分類

今日から少しづつ私がWomen’s Laboを作ったわけを書いていこうと思います。


その1 まずはごいあさつ

株式会社Women’s Labo 代表取締役の小林です。

一応、社長ですが、多分会社の中では一番ペーペーでございます。

つまり、仕事ができないということ。

そう。社長なのですが、会社の仕事は全然できません。

正直、サロンのどこに何があるのかも

弊社のラ・アンジェ南青山で開催しているサロン講座のお客様への領収書の書き方もわかりません。

ネットショップでご注文いただいた商品を発送しようとしたら、

伝票に町名が書いていないとスタッフが書き直す始末。

スタッフの皆様仕事を増やしてもうしわけございません・・・


これでも昔は某外資系銀行で部長秘書をしていた時期もありました。

な、なのに今は、会社では何もできないただの オバサン。 

でも、そんなただのオバサンも、
サロンの外にでると変身します。

何に変身するかと申しますと、オバサン教授・・・おっと間違えました。
大学教授に変身いたします。

「なんで大学の先生なのに、会社なんかつくったの?」

よく聞かれます。

で、先日スタッフに

「やすこさん、本を書いてみたらいいんじゃない?」と言われました。

本ねー。本そうね、書いてみようかな

ということで、To be continued・・・


コメント(0)

2011年 6月 27日

コーチングを学ぶには

カテゴリー 未分類

今日は、打ち合わせでサロンに 高安直子先生が来てくださいました。

高安先生は、プロコーチであり、弊社の「The Women’s Labo コーチング」の講師です。

サロンの南青山への移転に伴い、コーチ養成も
オーダーメイドでお客様のご都合に応じての予約制で展開します。

テキストは、こんな感じです。




もちろん、小林も講師としてご一緒させていただきます。

お申込みは、「ラ・アンジェ南青山」03-6438-9827へ。

コメント(0)

2011年 6月 25日

久々のぐんま情報

カテゴリー 未分類

久々、ぐんまについて語りたくなりました。

5年間住んでいたぐんまの家とサラヨナラしたのは4月末。
現在は東京から通ってます。

そんなせいか、最近、ぐんまの面白さを改めて実感しているのかも。

で、久々のやぎ情報。



はい。このように、キャンパスでのんびりゆったりくつろいでおります。
最近、シロヤギも一匹増えた模様。

ウサギやアヒルとともに、オープンキャンパスで大活躍しているとか。
キャンパスにお目見えして早1年。
無事育ってくれて、よかったー。

ぐんま情報 その2

実は、サロンの関係者には、群馬にゆかりのある方が多くおられます。

サロンで「ビューティーウォーク講座」を開催してくださっている 築カレン先生もその一人。

ぐんまのキャンパスでもご講座お願いしたいともくろんでおります。

カレン先生の次回の講座は7月4日(月)13:30~15:00

講座の様子は、石井めぐみのブログにあります。
(お申込みはこちらから)


ぐんま情報 その3

知られているようであまり知られていないぐんまの食。

実は、ぐんまは粉ものが美味しい。

焼きまんじゅう、お好み焼き、もんじゃ・・・

でも、私のおすすめ一番は、うどん!

上州のうどんは最高です。

で、ご紹介。

ぐんまのうどんを紹介しているこんな本がぐんまでは売ってます。



仕事場の近くお蕎麦うどん屋さんも載ってます。

ここのお切込みは最高で、おすすめです。

ただし、かなり熱いので、猛暑がつづく夏はちょっときついかも。

なにせ、おとといは38.9℃を記録したくらいですからね 汗)

コメント(0)

2011年 6月 21日

これだ!

カテゴリー お知らせ

これ! 

これなんです!

私が欲しかったものって。



Fairy Bouquet ネイルケアコートです。

サロンのフレグランス講座を開講している ジャパンスタイルフレグランス代表

大野智恵美先生が香をプロデュースしました。

と言うことは・・・そう。バラの香つきのネイルコートなんです。

しかも、爪をキュアしてくれるネイルコート。

さ、さらに、私の大好きな上品なキラキララメ入り!

こういうのが欲しかったんです。

最近、爪が折れやすくなって困ってました。
ネイルもしたいけど、キュアもしたい。

う、うれしい!

しかも、ペティキュア用もあるとのこと。
足が蒸れやすい季節。

うれしですね。
大野先生、ありがとうー。

次回の大野先生のフレグランスデザイン講座は、

「天然香料でづくる・虫除けスプレー」
7月15日14時~と19時からの2回開催です。

お申込みはこちらから

コメント(0)

2011年 6月 19日

幼稚園探訪

カテゴリー 未分類

春頃だったでしょうか。

帰宅して着替えるのも忘れて見入ってしまったドラマがありました。

「さよならぼくらの幼稚園」

ロードムービーさながらに、
園児が遠くの病院に入院している友達にサヨナラを言いにいくお話。

5人の園児一人ひとりが、小さな胸にいろんな思いを抱えながら、
旅を通して成長していく。

純粋で真っ白な子どもには、大人の理屈は通らない。

本当は、大人のごまかしが通用しないくらい、子どもたちはきちん見て聞いて理解している。

そんな子ども達が大切にしている幼稚園。

そう、幼稚園は子どもたちのものなのだと、再確認したのでした。


そんなドラマの余韻が続く中で、大学の仕事でたくさんの幼稚園を訪問してきました。

先日訪ねた信州のとある幼稚園。
駅からタクシーで20分の丘の上。



階段を上ると、絵本から出てきたような建物が見えてきました。

丘の上の園舎の横には畑が広がっていて、園児が野菜を作っています。
園児は、みんな元気いっぱい、土いじり。




園長先生に、収穫したブルーベリーで、保護者のみなさんがボランティアで作ったという
ジャムを頂きました。


ヨーグルトにかけていただくと、また美味・・・

「玉ねぎも好きなだけ抜いてってもって帰って」とのお言葉に甘え、
4つも引き抜き頂いてきました。

自然いっぱいの幼稚園。
元気をもらって帰ってきました。

コメント(0)

2011年 6月 11日

ご近所さん探訪「リストランテ浜崎」

カテゴリー コラム

実は、サロンのすぐ近くにあの「リストランテ浜崎」さんがあります。

ごあいさつがてら、一度行ってみたいなと思っていました。

そん時、先週、「来週の金曜は、リストランテ浜崎にしようか」
と主人。

「えー予約とれるかしら・・・?」とダメ元で電話してみたら

するっと予約がとれました。

そして金曜夜7時。

いただいて参りましたー。


室内は、メインダイニングと個室が一つ。
照明はフレンチと比べると明るくてアットホームな感じです。

7時の時点で、すでに8割がテーブルが埋まっています。

メニューは、コースメニューが二つ。
いわゆるフルコースと魚料理か肉料理どちらかを選ぶコースです。

せっかくだからとフルコースに挑戦です。

まずは、前菜。わーすごーい。
一口前菜がお皿にたくさん飾られています。



次に鮎のリゾット。このシーズン一押しメニューで、不思議な触感が2度楽しめます。


そしてメインの魚料理は鯛。
しゃきしゃきの野菜とソフトなお魚が素敵にマッチ。



そしてメインのお肉料理。
今日のお薦めということで、めずらしくポークをチョイス。
ジューシーで香ばしくって、粒マスタードが合ってとっても美味。



最後のデザートは・・・桃のスープ仕立てのコンフォート。
これは誕生日だった主人のためにお店がアレンジして下さいました。



いわゆるイタリアンとはまた違う、新しく和テイストのイタリアン。
サービスも価格も、雰囲気もよくておすすめです。

いつか、ここで講座が開催できたらと思ってご挨拶をして帰ってきました。

よかったら、お試し下さいませ。

コメント(0)

2011年 6月 03日

茨城のお野菜到着

カテゴリー コラム

そうなんです。

マジカルカーペットの植田先生が企画販売されているお野菜の第一弾が届きました!

茨城産です。今日、先生がサロンでお届け用に荷造りしました。

もちろん、私も注文済み。

そして第一弾のお野菜で、明日は久々にお客様をお迎えしてのホームパーティです。

パーティのメインはもちろん茨城産のお野菜!

メニューはお野菜を見て決めようと決めていました。

大きなかぶに赤と黄色いパプリカ。うーん何にしよう?

サラダ用には、フレッシュなロメインレタスにグリーンリーフかな。

ほうれん草は、スモーキーなベーコンと一緒にキッシュかしら?

メインは、シーズンだし、明日はお天気になりそうなのでBBQでいこうっかな。

明日は、5名のお客様をお迎えする予定。

久々、ない腕ふるっちゃいます。

茨城のお野菜、明日はよろしくお願いしますね。

コメント(0)

2011年 6月 02日

再会の時

カテゴリー コラム

社会人になってどうやら四半世紀が過ぎ、春から周囲がにぎやかになってきました。

母校の大学では、銀杯という25周年を祝うHome Comingが開催。
出張で行けなかったけれど、さっそくFacebookが盛り上がっています。

同期入社の男性群が、「是非同期会を!」と声をあげ
なぜか、幹事役をすることに。

でも、同期は確か30名近くいるはず。が・・・・行方不明者続出。

「〇〇さんに聞けば分かるかも」いうヒントに、
一人ひとりの糸をたどっていくと、「見つけたー」
と徐々に同期の所在や女性の名前が分かってきました。

何人の人と電話でお話ししたでしょう。
その度に、本当は、きっとこれまでいろんな人生があったはずだけど、
かわらない当時のままの自分にかえれるお互いがいます。

あー幹事もいいもんだなーなんて思ったり。

同期会。成功させたいな。
みんな忙しいかもしれないけれど、来てほしいな。

今会っておきたい。そんな思いがすごくして、今日もFacebookで糸をたどります。

再会の時。

コメント(0)

2011年 6月 01日

ありえないこと

カテゴリー コラム

先日名古屋に行った帰りのこと。

発車して30分くらい経った頃、「えー、やだわー、もうなんなのー」
とぶつぶつ繰り返す声に気が付きました。

声の主は、後ろの座席の女性です。
振り返って彼女をみると、上を見上げてぶつぶつ言っている。

その視線を追ってみると・・・

「?」なに? 人形?

網棚の上からちょこんと巨大なトカゲのようなものが見下ろすかのようにこっちを見ています。

「え?本物?」 と思った瞬間、長い舌がペロンと出てきたではありませんか!

「ええええええええええええ、なぜ新幹線の網棚の上にオオトカゲがいるのーーーーー!?」

私の隣の女性も気が付いて・・・茫然。

周囲が気づきだし、ざわざわしはじめました。

そこに4つくらい後ろの方からおじさんがやってきて、オオトカゲをむんずとひとつかみ。

通路を騒ぐでもなく、「これ誰のー?」「誰の持ち物ー?」と見せて歩きます。

そうしたら4席ほど前方の窓際席の若い男性が、気付いて立ち上がり、
何も言わずにその男性に手を差出し、オオトカゲをむんずと握りしめると同時に
網棚から小さなダンボールケースを取出しそこにおしこめました。

そしてその箱は再び網棚へ・・・・

その間、わずか10秒。
その彼もですが、そのおじさんも一言も発することなく座席に戻って行きました。

え?これってそれでいいの?
新幹線でオオトカゲが散歩してていいの?
網棚のお客さんの鞄の上にオオトカゲが陣取っていていいの?
何事もなかったように終わってしまっていい話?

ありえない・・・・

私と隣の女性だけは、え?これでいいのかしら?と顔を見合って同じ感想を
もらしたのでした。

数日たった今でも、「やっぱりこれってありえない」と思いつつも、
ちょっとおもしろい出来事でした。

コメント(0)