アーカイブ 2010年11月

2010年 11月 26日

美容液の使い方

カテゴリー 未分類

美容液。皆さんどのように使っていますか?

今朝、テレビ番組で仲間由起江さんのお話を聞いていて、驚きました。

美容液をビシャビシャ浴びるように顔を上からかけて使うとのこと。

なので1月に2,3本は美容液を使ってしまうのだそうです。

そんな使い方もあるのですねー。

いえいえ、やはり例外中の例外。
多分、仲間さんくらい?いえ、仲間さんだからできること。

そう。浴びるように使う必要のないことはお分かりなのかもしれませんね。
ただ、それがきっと、すごく気持ちがよいのではないでしょうか。

ちなみに、私は全身に使っています。

一応、弊社は輝きたい女性を応援する会社ですから、
代表である私自身が少しでもきれいに輝いていないと・・・なんてね。

とはいえ、かなり多忙な毎日。
お肌のお手入れにはほとんど時間がかけられません。

だから、いつもシャイニンブ・ボディ・ヴェールをミニボトルに入れて持ち歩き、
いつでもどこでもササッとつけられるようにしています。

これから一層乾燥が怖い季節になっていきます。
シャイニングボデイヴェールはリピジュア、EGF等14種類の
美容成分を配合し、お肌を元気にサポート。

仲間さんほど使わなくても大丈夫。

でも、顔だけでなくからだにも潤いを与えたいですね。

シャイニングボディヴェールの情報はこちらから。

http://wlabo.jp/wl/

コメント(0)

2010年 11月 23日

坂本龍一と大貫妙子による大人のコンサート

カテゴリー コラム

勤労感謝の日。

朝から夕方まで、原稿書きをがんばった後、主人と一緒に大人のコンサートを楽しんできました。

坂本龍一さんと大貫妙子さんですから、それはもう、しっとり「熟した」歌とピアノのみの世界。
体とこころに染み渡る、聴かせる演奏は期待以上。

軽やかで伸びやかなのに、しっかりと感情的に抑制された大貫さんのやさしい歌声。健在でした!

そして、坂本龍一さん。

どうやら最近、一足早い「おじいさん」モードを楽しんでいる様子。
なのに、いたずらっ子の雰囲気が隠せず出ていて
なんとも、あのゆっくりスパッとした大貫さんとのやりとりのかみ合わなさがおかしい。

きっと「おじいさん」モードに飽きたら、彼はまた派手におもしろいことをやってくれそうな気がしました。

イエローマジックオーケストラや忌野清志郎とのルージュマジック以上のヤンチャを期待したい。

あーしっとりとした大人のコラボコンサート。
たまにはいいですね。

あー私もあんな風に小粋に年を重ねたい。 願望だけど、まだ早いかな。

コメント(0)

2010年 11月 21日

クリスタリーヌとボジョレーの夜

カテゴリー コラム

毎年、ボジョレーヌーボは、クリスタリーヌで楽しみます。

表参道に昔からある、気軽なフレンチレストラン「クリスタリーヌ」。

お値段は手ごろですが、メニューも楽しい。

夕べは、フルーティでさわやかなボジョレーに合うよう、前菜に選んだのはこれ↓


オマール海老と砂肝のソテーのサラダ。
熱々の砂肝の食感がしゃきしゃきのサラダ菜と良くあって、美味でしたー。

そしてデザート!やはりこれははずせない。


濃厚なイチゴのスープに浮かんだパセリのシャーベット。

パセリ!?

そう、これがパセリ風味ばりばりのシャーベットなんですが、イチゴと合う!

そして一つはこちら。


クランベリー3種のシャーベット。見た目も美しい~

クリスタリーヌは、ギャルソンの方々がとてもフレンドリーかつジェントルでステキです。

気軽にフレンチを楽しまれたい方は、是非。
昼間より、やはり夜がお奨めです。

コメント(0)

2010年 11月 20日

フレグランス講座

カテゴリー コラム

今日は、サロンのフレグランス講座の大野智恵美先生と打ち合わせでした。

大野先生は、有)ジャパンスタイルフレグランスの代表をされています。
名古屋にお住まいで、基本的には名古屋で香りをデザインするスクールや
オリジナル商品の開発・販売、各種イベントの開催をされ、大活躍です。

http://www.jstyle-f.com/index.html

弊社の杉並にあるサロン・ラ「アンジェ」でも毎月第3金曜日と土曜日にフレグランス講座を開催してくださっているのですよ。

実は、私も先生の講座の受講者で、季節折々の香りを楽しませていただいてます。

ルームスプレーから、香り袋、香りセンス、クリスマスのフレグランスキャンドルなど、毎回工夫を凝らした作品づくりが楽しめます。

何が素敵かって、それはやはり先生の講座のセンスの良さです。
それも先生ご自身のエレガントなしぐさと会話術がなせる技。
何よりおしゃれで真似てみたくなる先生のファッションセンスは、フランス仕込み?

先生のブログはとってもプライベートライフが盛りだくさん。
http://japanf.exblog.jp/

次回の講座は12月18日(土)1時~2時。
新年明けて1月15日(土)1時~2時は、お得な体験講座になる予定

是非是非、素敵な大野先生に会いにいらして下さいませ。

12月の講座のお申し込みは、こちらから。
http://laange.jp/salon_12.html

コメント(0)

2010年 11月 18日

いのちの授業と笑顔のコーチング

カテゴリー コラム

今日は、すてきな活動をされている方をご紹介いたします。

友人の松下真由美さんは、お子さんとの経験を通して、
子どもたちや地域の方々にいのちの授業をされています。

私も以前、富山まで行って拝聴させていただきました。

今回は、新たにいのちの授業と笑顔のコーチングの二本立てで講演をされたとのこと。

これはコーチング分野では、今までにないコンセプトかも!

良かったら、講演の様子をステキにアップしてくださっている”さくらさく”さんのブログをご覧下さい。

コーチ・さくらさくさんのブログ 
http://ameblo.jp/coachsakurasaku/

そこで繰り広げられているステキな笑顔がそこにあります。

コメント(0)

2010年 11月 17日

こどもの心理相談

カテゴリー コラム

懇意にさせていただいている小児科のDr.から連絡ありました。

「小林さん、うちで心理相談してくれるいい感じの臨床心理士さんいないかなー。」

とても人気のクリニック。熱心なDr、看護師、臨床心理士さんがおられます。
なので、予約は常にいっぱい。
でも、待たせたくないとのこと。

分かります。
今助けてほしいのに、いつ予約がとれるか分からないのは、親ごさんにとっては本当に辛いもの。

うーん、これは何とかしなくては・・・
弊社は、子育て相談、女性カウンセリングを行っています。
子どもの心理相談はもう少ししたら・・・と思っていましたが、
うちもできるだけ早く対応できるようにした方がよさそうです。

問題は、力のある臨床心理士さんに出会えるかどうか。

新しいステキな出会いがありますように。

コメント(0)

2010年 11月 14日

笑いと涙の講座無事終了

カテゴリー コラム

アンジェ子育て支援ルーム長の小林です。

私ごとですが、北里大学での公開講座、今年も無事終えましたー。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
看護と福祉の専門家が60名もご参加くださり、3時間もの長丁場を
ご一緒いただきました。

フロアーからのあつーい視線が一直接に向かえってきて、
何かを学んで帰ろうという意欲がヒシヒシと伝わってきました。

近年は、医療の進歩で妊娠22週で400グラム、500グラムで生まれてくる
赤ちゃんの命が救えるようになりました。

でも、本当は高度な医療だけでは、生まれたばかりの小さな生命は守られません。
24時間絶え間なく赤ちゃんを支える医師と看護師の懸命な努力が命を支えているのです。

看護師は、赤ちゃんを看るだけでだけでなく、不安でつぶされそうになっている親ごさんをも気遣い、寄り添い、こころの支えになっておられます。

そんなNICUで活躍する看護師さんが全国から集まって下さった昨日。
私も講演するだけでなく、皆さまからもたくさんのフィードバックをいただきました。

来年こそは、講演の内容も含めて、「小さく生まれた赤ちゃんのママ・パパへ」の本を執筆したいと思いを新たにした1日でした。

ステキな出会いに感謝。

コメント(0)

2010年 11月 13日

うさぎの赤ちゃん

カテゴリー コラム

大学で飼っているうさぎに、先週赤ちゃんが生まれました。

授業に向かおうとしていた時、その授業の学生がキャンパスの向こうの方から私に向かって何か叫んでいるではないですか。

「どうしたのー?」と耳を澄ますと、「うさぎ、うさぎ」と叫んでいるような・・・

「赤ちゃんが生まれたんだけど、冷たくなってて死にそうなのー」「親うさぎが踏んづけてるのー」


普段はどちたかというとおとなしい学生さんが目をうるうるさせて訴えているので、
「うーん授業は遅刻していくか」と小屋までかけつけました。

「先生、どうしたらいい?」「死んじゃう」

「まずは両手で暖めてあげて、体温をもどしましょう。」
「残りの赤ちゃんは大丈夫?」・・・とそうこうするうち、担当の係りが駆けつけて授業に戻りました。


命を守りたい・・それが本来の思い。
だけど、自然の動物の摂理で淘汰もきっとこれから避けられまい。

うーん。尊い命を大切にすることを子どもたちに教える保育者を養成するのが私の仕事。
さてさて、今後の展開は・・・

コメント(0)

2010年 11月 12日

明日の講演

カテゴリー コラム

明日は、北里大学で、NICU入院中のお子さんの親のケアについて
講演を行います。

「健康だったら男の子でも女の子でもいい」

そう。よくお子さんを授かるとそのように人は言います。
でも、生まれてすぐNICUに運ばれ、ケアされる赤ちゃんは、
その期待が一瞬にしてかなわぬものとなり、誕生を喜んで
もらえることもかなわない場合すらあります。

せっかく生を受けて生まれてきた大切な命。
生きようと懸命に戦っている赤ちゃんたち。

お父さま、お母さまと共に、その小さな命の炎が強く
輝けるようにするためには、周囲の人々がどのように
支えていけばよいか・・・

そんなお話を明日したいと思っています。
明日は、大学の授業の一環ですが、公開講座になっているので受講は自由です。

日時: 2010年11月13日(土)9時~12時10分
場所: 北里大学相模原キャンパス

お近くの方、お立ち寄り下さい。
多分、涙あり、笑い有り・・・!?

コメント(0)

2010年 11月 10日

子育て支援

カテゴリー コラム

今日は、子育て支援のお仕事で、あるセンターに行ってきました。
1歳から4歳くらいのお子様をつれて、14組くらいのお若いお母様方が
参加されていました。

なんて、可愛いのでしょう。
お母様に抱っこされて、ちょっと人見知りしたり、
「ここどこー?」ってきょろきょろしたり、
ハイハイで動き回ったり・・・・

少しづつですが、発達に課題があるお子さんたち。
たくさんの愛情を注がれて、これからきっとすくすくと
お子さんのペースで育っていくことでしょう。

あーなつかしいなー、こんな頃あったなーって
昔母だった頃のことを思い出したりしましたー。

子育て期間は、発達ニーズのあるお子さんは普通よりも
ちょっと長いかもしれないけれど、それだけ楽しい
密な時間を与えてくれます。

その日々の瞬間を皆で楽しみながら、一緒に子育てしていきましょう。

コメント(0)

Next »